看護師の三交代制 そのメリットとデメリットは?

カルテに記入する看護師

看護師として勤務していると、「二交代制と三交代制、どちらが働きやすいのだろう?」と疑問に感じることはありませんか?

二交代制と三交代制には、それぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言い切れません
そのため2つの違いを理解した上で、自身が希望するライフスタイルに合った勤務体系を選ぶのが良いでしょう。

本記事ではまず、二交代制と三交代制の違いを解説した上で、三交代制のメリットとデメリットを紹介します。


【看護師の三交代制とは?二交代制との違いは?】

カルテに記入する看護師どちらもシフト勤務の一種ではありますが、主な違いは勤務時間の区切り方にあります。

二交代制とは、日勤と夜勤の2種類に分かれている勤務体系のこと。
多くの病院では、日勤8時間・夜勤16時間としているケースが多いようです。
夜勤の場合、仮眠時間はあるものの、勤務時間が長くなるため、体力的な負担はどうしても大きくなってしまいます。

一方、三交代制とは、日勤と「準夜勤」「深夜勤」の3種類に分かれている勤務体系です。
二交代制の夜勤の勤務時間を2つに分け、「準夜勤」「深夜勤」としています。
多くの病院では、日勤・準夜勤・深夜勤、それぞれを8時間ずつに設定しているケースが多いようです。

中には、これら2つを組み合わせた独自の勤務体系を採用している病院もあります。
また、三交代制では、夜勤と日勤を組み合わせるシフト制を採用している病院もあれば、勤務時間を固定する「夜勤専従」「日勤のみ」などのスタイルを取っている病院もあるようです。

【三交代制のメリット】

・勤務時間が短い
三交代制の最大のメリットは、夜勤でも勤務時間が短いという点です。
休憩時間・仮眠時間があるとはいえ、二交代制の16時間勤務は、体力的にキツイと感じる方も多いでしょう。
その点、三交代制では長くても8〜9時間ほどで勤務が終わることを考えると、精神的な負担も軽くなります。

・残業が少ない傾向にある
病院の方針や看護師の人数にもよりますが、一般的に三交代制は残業が少ないと言われます。
勤務時間が細かく区切られているため、引き継ぎ事項が二交代制に比べ少ないことが理由の1つでしょう。

・二交代制よりは生活リズムを作りやすい場合も
三交代制で「夜勤専従」「日勤のみ」と固定されている場合には、生活リズムが作りやすく、プライベートな時間を作りやすい点も、メリットの一つです。
ただし、シフト制の三交代制では、日勤・夜勤が交互になるなど、かえって生活リズムが不規則になることも考えられます。

【三交代制のデメリット】

・次の勤務までの間隔が短いことも
勤務時間が短くなる点は三交代制のメリットでもありますが、次の勤務までの間隔が短くなることもあります。
日勤が終わると、少し休んですぐ深夜勤に入る場合や深夜明けからの準夜勤という場合もあるため、1日に2回出勤するような感覚になる看護師さんもいるようです。

・夜勤手当が減る
先述したように、三交代制では夜勤が「準夜勤」と「深夜勤」に分かれています。
準夜勤よりも深夜勤の方が、手当が多い傾向にあり、夜勤に入る回数にもよりますが、二交代制の夜勤勤務よりも収入が減ることもあるでしょう。


【自分の生活リズムに合わせて働こう】

カルテを持つ看護師のイラスト三交代制は他にも、「準夜勤明けは暗い深夜に帰らなくてはいけない」など、人によってはデメリットと感じる部分もあるかもしれません。

「勤務体系が変わることで、収入が減ってしまうのでは?」と不安な方は、看護師の夜勤単発アルバイトを活用する方法もあります。

例えば、「三交代制で日勤のみに固定してもらったけど、月に数回は夜勤アルバイトをして稼ぎたい」という方にも夜勤単発アルバイトは最適です。
自分の体力に合わせて、調整しながら勤務ができきるため、ぜひ活用してみてください。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤バイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら