夜勤専従看護師はどう働いていくべき?体調管理をしっかりしよう!

夜勤専従看護師についてお話していますが、「長期的に働きたい」と考える夜勤専従看護師の一番の課題は体調管理です。
夜勤専従看護師は日勤と比べ仕事が忙しくない事から「多くアルバイトをしよう!」と考えてしまう方がいますが、実はアルバイトの回数は多くしない方が長期的に夜勤専従看護師として働けることになります。
今回は夜勤専従看護師のアルバイトを長期で働こうと考える方に働く前のアドバイスを伝えたいと思います。


【曜日を決めて生活リズムを整えるのが大事!夜勤専従看護師は専門で働こう!】

日勤で働く看護師がアルバイトの夜勤をするにあたって一番の問題は生活リズムが大きく変わる事です。日勤の方であれば理解できると思いますが、シフトの途中に夜勤が入るといつも以上に疲れます。この経験から「夜勤専従看護師のアルバイトなんて大変でできないよ!」と思う方が多くいます。
ですが夜勤専従看護師として長期的に働こうと考えるのであれば根本を変えた方がより体調管理もでき、安定して働く事が可能になるのです。
日勤と併せて夜勤専従看護師のアルバイトをするのではなく、夜勤専従看護師として働く方が生活リズムを安定させ、体調管理もし易くなります。
また夜勤専従看護師のみで働いていく事に不安がある方もいると思いますが、日勤の看護師と比較して夜勤専従看護師の方が給与面も良く、日勤と比較して安定した生活を送る事ができます。常勤の夜勤専従看護師として働きつつ、アルバイトの夜勤専従看護師を行う事で更に安定した収入と生活を送る事が可能になります。
また夜勤のみで働くのが不安な方は曜日を決めて働くと一週間の生活リズムが決まる為、体調管理だけでなく私生活も充実した物になります。
夜勤専従看護師は生活リズムを整え、体調管理を簡単にできる様な環境を整えるのが長く働くコツです。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら

【夜勤専従看護師は出勤回数を考えて!働きすぎないのがコツ?】

夜勤専従看護師のアルバイトは一度の出勤で高額な収入となる為、出勤回数を多くすればするほど単純に収入が増えていきます。
そして夜勤専従看護師は一つの病院で144時間までの法的な決まりがある為、掛け持つ場合は他の病院でアルバイトを考える事になります。
但し一度考えて下さい。日勤と比べれば夜勤専従看護師の仕事は楽ですが、長時間勤務になるのは変わりません。また夜勤明け ⇒ 夜勤 が多く続くと体力的にも、健康的にも支障をきたすのは容易に想像できますよね。
夜勤専従看護師のアルバイトを行う場合、連勤数をどれだけにするかという事を考えつつシフトの提出を行わないと「あれ?今週夜勤3連勤になってる!」という事になりかねません。
夜勤専従看護師のアルバイトは本業の勤務日も確認した上で働かないと長期的に働く事が出来ません。夜勤専従勤務は2連勤程度に抑えるのが良いでしょう。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら


夜勤専従看護師としてアルバイトを長期で行おうと考えた方であれば一番に体調管理を考えなければなりません。
また「副業だけどガンガン稼ぎたい!」という思いも理解できますが、体を壊してしまっては働く事自体が出来なくなってしまいます。まずは自分の体を一番に考え、今回お話した夜勤専従看護師のアルバイトを長期で働くコツを実践してみては如何でしょうか?
また当社ではこれから夜勤専従看護師として働きたいと考える方の不安や疑問を解決するキャリアアドバイザーがいますので、「どうやったら長期で働けるの?」「アルバイトの探し方がわからない」といった夜勤専従看護師の方へ転職のアドバイスも行っています。
是非当社のキャリアアドバイザーを利用して下さい。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら