知っとかナイト

忙しい看護師さんがプライベートを充実させるための5つのポイント


 看護師の仕事が忙しく、家に帰ったらヘトヘト。
そこから家事をしたり育児をしたりと、「なかなかプライベートな時間が持てない」という方も少なくないでしょう。

自分の時間を確保できないとストレスも溜まり、いい仕事ができないという悪循環に陥ることも考えられます。一方で同じ時間働いているのに、仕事もプライベートも充実していて、活き活きとしている看護師さんがいるのもまた事実。
そこで今回は、看護師さんがプライベートをより充実させるためのポイントをいくつか紹介します。

自分に合っていると思う方法があれば、積極的に取り入れてみましょう。


【看護師さんがプライベートを充実させるためのポイント】

ヨガをする女性1. 癒しの時間を作って気力を回復させる
看護師の仕事は、かなりの体力を使います。
職場では頑張っているものの、家に帰ってくるとどっと疲れが出てしまう方も多いでしょう。

気力・体力をつけておくことは、プライベートの時間を充実させるためには欠かせません。
そのためには、定期的な運動が必要なのも事実です。
しかし、忙しい看護師さんが毎日運動を継続することは、なかなか簡単なことではないでしょう。

そのような場合には、日常生活の中で少しだけ行動を変える方法がおすすめです。
例えば、「帰り道1駅だけ前で降りて歩いてみる」「急いでいる時以外はエレベーターを使わず、階段を使う」など、普段の生活で少し意識をするだけでも、体力をつけることは可能です。
今よりも体力がつけば仕事の疲労感も感じにくくなり、家に帰ってからやりたいと思うことにも積極的になれるはずです。

また、気力を回復させる方法としては、ヨガやマッサージなども人気があります。
心身ともにリフレッシュするために、休日に取り入れるのも良いでしょう。

まずはいろいろな方法を試してみて、継続できそうな、自分に合う方法を見つけてみてください。

2.タイムマネジメントを意識する
仕事以外の時間を充実させるためには、時間管理(タイムマネジメント)の意識を高めることも重要です。
時間管理と言っても難しいことは必要なく、まず自分の「やりたいこと」「やるべきこと」を書き出します。
スマートフォンのメモ機能を使ってもいいでしょう。

次に、それぞれにかかる時間を項目の脇に書いておきます。
時間は、少し多めに見積もっておくのがポイントです。
そして、空いた時間にはその中からやることを決めます。

例えば、1時間ほど時間があるという場合、そのリストから1時間以内でできることをピックアップすれば、「ただなんとなく時間が過ぎてしまった」という事態を防ぐことができます。
この時間管理の意識は、仕事にも活かすことができる能力です。
日頃から習慣化しておくと良いでしょう。

3.家事の時短に挑戦する
「家事に割かれる時間が多い」と感じている方は、家事の時短に挑戦してみてはいかがでしょうか。
特に子育て中の看護師さんは、育児と家事を両立させなくてはなりません。
家族に協力を得る体制を築きながらも、自分が行う家事の負担を軽減させることを意識してみましょう。

例えば、アイロンをかける必要のない衣類を揃えたり、自動調理器の購入を検討したりと、簡単にできる時短テクニックはたくさんあります。
ちょっとした工夫で家事の負担は減らすことができるので、ぜひ挑戦してみてください。

4.通勤距離を見直す
通勤にかかる時間は、仕事の拘束時間に含まれるのが一般的です。
通勤時間が長くなると、その分疲れも溜まりやすくなるため、できるだけ通勤の負担は少なくしたいところ。
通勤中に楽しめる趣味を持つのも一つの方法ですが、どうしてもできることは限られてしまいます。

通勤時間が長く負担になっている方、自宅での時間をもっと大切にしたい方は、思い切ってより自宅に近い病院への転職か、引越しを検討するのもいいでしょう。

5.夜勤専従看護師を検討する
プライベートな時間を作るために、働き方を変えるのも一つの方法です。

最近では、夜勤だけで働く夜勤専従看護師さんも増えています。
夜勤だけのリズムに慣れることが必要ですが、勤務日数は少なくなるため、効率よく収入を得ることが可能です。
プライベートな時間を確保しやすい働き方と言えるでしょう。

【看護師専門のコーディネーターを活用しよう】

タイムマネジメント 転職や夜勤専従看護を検討する場合には、その後の実際の働き方に不安を感じるものです。
そのような場合には、看護師専門のコーディネーターを利用してみてはいかがでしょうか。

コーディネーターに理想の働き方を伝えておけば、希望に合った求人を一緒に探してくれます。
また、職場の様子・雰囲気を聞くことができ、働き方に関する相談もできるため「働き方を変えたい」と考えている方は、積極的に活用してみましょう。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」への登録はこちら

知っとかナイト INDEX

失業手当(保険)を受給しながら看護師のアルバイトをするのはあり?なし?(2018年11月09日)

看護師の掛け持ちアルバイト シフトを組む際のポイントは?(2018年11月02日)

看護師の三交代制 そのメリットとデメリットは?(2018年10月26日)

看護師がアルバイト・Wワークをしたら確定申告は必要?(2018年10月14日)

看護師がスマートに申し送りをするためのポイント(2018年09月27日)

夜勤で働く女性看護師さんが生理周期を乱さないようにするには(2018年09月12日)

看護師として健全に働き続けるために!夜勤前後の過ごし方(2018年09月06日)

看護師から助産師になるには 働きながら助産師を目指す(2018年08月28日)

忙しい看護師さんがプライベートを充実させるための5つのポイント(2018年08月17日)

看護師としてもっと勉強しなくては!そう感じている方へ(2018年08月07日)

看護師さんが夜勤の仕事に就くためには「志望動機」がとても大切!(2018年07月30日)

夜勤しながらでもダイエットはできる!看護師さんに知ってほしい食事法(2018年07月22日)

看護師のアルバイトを始める前に知っておきたい「収入の壁」(2018年07月17日)

土曜日だけ看護師として夜勤勤務をする週末看護師さん そのメリットとは?(2018年07月10日)

看護師としてキャリアアップするために必要なスキルとは?(2018年06月28日)

夜勤でも健康で長く働くためには休息が大切!睡眠の質の高め方(2018年06月24日)

初めての夜勤バイト 夜勤にまつわる不安と疑問 その対処法を紹介(2018年06月18日)

ストレスに負けない!夜勤で働く看護師さん向けストレス対処法(2018年06月14日)

夜勤の仕事がイメージできるかも!?夜の現場で働く看護師あるあるとは?(2018年06月05日)

長く働きたいと思う看護師さんに伝えたい、夜勤で働くデメリット(2018年05月29日)

ママさんナース必見!子育て中の夜勤バイト求人検索方法とは?(2018年05月22日)

夜勤で働く看護師さんには何が必要?準備しておくことリストとは(2018年04月25日)

ナイト助産師を目指す方に知ってほしい、理想の職場の探し方(2018年04月15日)

良い職場で働くために!夜勤バイトを探している助産師さん向け面接対策(2018年04月04日)

気持ちよく夜勤の仕事を続けるには、チームワークも大切!(2018年03月28日)

託児所も利用できるから安心!ママさんに夜勤の看護師をおすすめできる理由(2018年03月22日)

夜勤バイト看護師を続けるための体調管理のコツとは?(2018年03月01日)

ナイト助産師を目指す方に知ってほしい!勤め先による違い(2018年02月19日)

長く働くためには息抜きが大切。夜勤バイトで働く看護師さん向け休憩時間の過ごし方(2018年02月15日)

家事・育児をしながら、夜勤専従看護師として働く(2018年02月06日)

働きたいママさんだからこそおすすめ!ナイト助産師という働き方(2018年01月29日)

夜の時間に働きたい看護師さん向け!夜勤バイトの仕事のコツとは?(2018年01月25日)

夜勤で働く助産師さんが求められています!ナイト助産師になる方法(2017年12月27日)

働き始める前に知っておいたほうが良い!日勤と夜勤バイトでの看護師の仕事の違いとは(2017年12月20日)

夜中だけでも働ける職場を探す時のコツ!夜勤バイトの専門求人サイトを使おう!(2017年12月06日)

夜勤の方が向いているかもしれない!?ナイト助産師としての働き方がおすすめなのはこんな人(2017年11月28日)

夜勤看護師の求人票のチェックポイントは?(2017年11月19日)

夜勤勤務中の食事のポイント~健康的に夜間勤務を続けるために~(2017年11月15日)

夜勤のススメ~ナイト助産師として働く~(2017年11月01日)

院内保育所で安心!ママ看護師さんの夜勤バイト(2017年10月22日)

看護師の夜勤。アルバイトという自由なカタチ(2017年10月06日)

助産師でパート?夜勤専従の助産師の働き方とは?(2017年09月29日)

看護師の夜勤のアルバイト。単発・短期で高収入(2017年09月22日)

看護師さんが夜勤バイトを始める前に(2017年09月11日)

看護師の夜勤アルバイト。ダブルワークが人気の理由(2017年09月07日)

夜勤で働く看護師のアルバイト。働きやすいといわれる理由とは?(2017年09月01日)

看護師でアルバイト夜勤としての働き方。短期で稼ぐ方法(2017年08月26日)

看護師のお仕事・夜勤専従者の働き方について(2017年08月17日)

夜勤専従看護師のメリット、デメリットは?(2017年08月06日)

夜勤専従看護師のアルバイト探しとその実情は?(2017年07月27日)

夜勤専従看護師の活躍の場って?介護保険施設で働く夜勤専従看護師の見通しは?(2017年07月13日)

夜勤専従看護師の単発アルバイトは効率よく探そう!求人サイトの見方って(2017年07月03日)

夜勤の看護師の単発アルバイトの探し方は?入職までの流れとは?(2017年06月27日)

夜勤専従看護師として働く前にチェックしよう!病院毎に違うオリエンテーション(2017年06月21日)

夜勤専従常勤で働く?夜勤専従非常勤で働く?二つの違いって?(2017年06月09日)

夜勤専従で働く前に!こんな事も確認しよう!(2017年06月01日)

夜勤専従看護師は仮眠について確認をしよう!仮眠室にあるのはベッドなの?(2017年05月16日)

夜勤専従看護師はこんな所にも注意しよう!意外に知らない注意事項とは?(2017年05月11日)

有床診療所で長期勤務!夜勤専従看護師として長く働こう!(2017年05月03日)

夜勤常勤・夜勤専従看護師の法律って?詳しくなって応募しよう!(2017年04月26日)

有床診療所ってどんな所?看護師の夜勤でしっかり働く!(2017年04月15日)

夜勤専従看護師の単発アルバイトまとめ!これらに注意して働こう!(2017年03月30日)

夜勤専従看護師の単発アルバイトはシフトが出てから!無理なく働こう!(2017年03月23日)

夜勤専従看護師を単発で!固定で働かなくてもいいって本当?(2017年03月18日)

夜勤専従は計画的に!アルバイト勤務は予定を立てて働こう!(2017年03月08日)

夜勤専従看護師のアルバイトは経験を持ってから?経験者はスポット・単発の仕事を!(2017年03月02日)

夜勤専従看護師はどう働いていくべき?体調管理をしっかりしよう!(2017年02月23日)

アルバイトの注意点とは?夜勤専従看護師の重要点とは?(2017年02月17日)

夜勤専従看護師で年収アップ?掛け持ちで働こう!(2017年02月09日)

療養病棟って何?介護も行う夜専とは?(2017年02月02日)

夜勤専従の心構えとは?夜勤専従を一度はやろう!(2017年01月26日)

施設で働く看護師、日勤と夜勤のそれぞれの仕事の違いは何?夜勤専従でのメリットとデメリット!(2017年01月18日)

施設勤務の夜勤専従看護師の心構えとは?(2017年01月16日)

有料老人ホームで働く?夜勤専従看護師の特徴とは?(2016年12月29日)

病院だけが夜勤専従じゃない!?施設での夜勤専従看護師とは?(2016年12月22日)

こんな不安はありませんか?夜勤専従看護師の実態とは?(2016年12月17日)

残業ってどうなるの?!夜勤専従看護師!(2016年12月09日)

求人はしっかり確認!夜勤専従のチェックポイント!(2016年11月29日)

病院の中に託児所!?子供を預けて安心勤務!(2016年11月25日)

夜勤専従看護師は仮眠が取れる!?仮眠を取る意味とは?(2016年11月18日)

夜勤専従の看護師はアルバイトがお勧め!?シフト制の働き方!(2016年11月11日)

夜勤専従で高収入!?看護師のブーム到来!?(2016年11月08日)

このページのトップへ