仮眠は夜勤看護師の特権 仮眠を取る重要性は?

夜勤専従看護師は、一度に16時間の勤務を行うのが一般的です。実は、そのような勤務体制を導入しているのは、先進国の中でもとても珍しいのをご存知でしょうか?

勤務時間が長くなるほど、看護師さんの肉体的・精神的な負担は大きくなります。そこで重要になるのが「仮眠を取る」ことです。
今回は、夜勤専従看護師の方にとって仮眠が大切な理由について紹介します。


仮眠はお得?夜勤専従の特権

1_1日勤の看護師と大きく異なるのが「夜勤専従看護師は、勤務中に仮眠を取ることができる」という点です。

夜勤専従看護師の仮眠は、休憩時間ではなく勤務中に取るのが一般的で、その時間にも賃金が発生していることになります。

仮眠は重要な理由とは?

夜勤の看護師さんが仮眠をとる理由は、「生活リズムを保つため」でもあります。本来人間は、「朝起きて夜に寝る」というリズムが体に刻み込まれています。そのリズムが変わると、体調が崩れてしまうことも少なくありません。

夜勤専従の看護師さんは、そのリズムを崩さないために仮眠を取り、そのリズムの狂いを最小限に抑えています。

02さらに、夜間に人工照明を浴び続けると、乳がんや前立腺がんの発生率が高まるとも言われています。人は睡眠中に「メラトニン」が分泌されますが、夜中に人工照明を浴びると、その分泌に支障をきたすそうです。
昼間はリフレッシュの時間に プライベートの充実も大切

看護師さんは、16時間勤務すると1日休む必要があります。そのため、勤務中に効率良く仮眠が取れれば、休みの日に1日寝て終えることなく、有意義に活用できるはずです。

そのため、夜勤アルバイトの求人を探す際には、「仮眠が取れる職場か」「仮眠できる場所が備わっているか」をチェックしておきましょう。ナイトナースでは、仮眠が取れる病院も簡単に検索可能です。まずは気軽に求人をチェックしてみましょう。