【有床クリニックの求人】給料の高い診療科目は?

電卓を持つ女性

有床クリニックとは、19床以下のベッドを備え、通院治療はもちろん入院治療もできる小規模な医療施設のこと。20床以上を有する施設は「病院」として区別されています。

有床クリニックは、患者さんの生活圏の中で医療を提供する身近な存在で、アットホームな雰囲気があるのが一つの特徴で、日常的なかかりつけ医として、診察・治療などをする役割を担っています。
看護師として病院で働く方の中には、有床クリニックへの転職やアルバイトを検討している方もいるでしょう。

そこで今回は、有床クリニックにおける夜勤の平均賃金(日給)を紹介します。ぜひ、これから求人を探し際の参考にしてください。


有床クリニック夜勤平均賃金(日給)

まずは、有床クリニック全体の夜勤平均賃金(日給)を見てみましょう。

有床クリニックの夜勤平均賃金(日給)
※ナイトナース調べ
有床クリニック
29,937

有床クリニック夜勤平均賃金(日給):29,937円

外科・内科・精神科・リハビリテーション・療養を含めた有床クリニック夜勤平均賃金(日給)は、29,937円でした。
都道府県ごとに多少の変動はありますが、一般的な有床クリニックでの夜勤の平均値として、求人を探す際の基準にしておくといいでしょう。

診療科目別有床クリニック夜勤平均賃金(日給)

では、次に診療科目の有床クリニック夜勤平均賃金(日給)を見てみましょう。

診療科目別 有床クリニックの夜勤平均賃金(日給)
※ナイトナース調べ
診療科目 平均賃金
外科 28,285
内科 29,058
精神科 28,930
リハビリテーション 30,250
療養 32,723

外科:28,722円
内科:29,058円
精神科:28,930円
リハビリテーション:30,250円
療養:32,723円

夜勤平均賃金(日給)がもっとも高いのは、「療養」の32,723円で、「リハビリテーション」の30,250円、「内科」の29,058円がそれに続きます。

今回の結果で夜勤平均賃金(日給)がもっとも低かったのは「外科」で、「療養」との差は4,001円でした。有床クリニックの場合、病院とはやや異なる傾向がありそうです。

自分がこれまで勤務してきた経験を活かして、同系統の診療科で働くか、違う診療科で働くかの基準としてこれらの数値を参考にしてみましょう。

有床クリニックで勤務する場合、夜間は一人で多くの患者さんを受け持つこともあるため、即戦力となる経験者を求めるケースもあります。施設によっては往診を求められたり、看護師の一人夜勤がある場合や緊急入院となるケースもあるため、クリニックの特徴や業務内容、緊急時の対応など事前に把握しておいたほうがいいでしょう。

自分に合った有床クリニックの求人を見つけるなら

クリニックの看護師

「少しでもお給料のいいところで働きたい」「ライフワークバランスを重視した環境で働きたい」など、今の仕事の内容を見直したい時には、看護師専門のコーディネーターに相談し、求人を探す方法がおすすめです。

無料で利用できるコーディネーターは、あなたの希望をもとに仕事探しのお手伝いをします。一人ずつ担当のコーディネーターがつくため、「有床クリニックの業務内容は病院とどう違うのか?」など、不安な点をすぐに確認できる点もメリットの一つです。

もちろん、お給料や職場環境など、勤務先には直接聞きづらいこともコーディネーターが答えてくれます。有床クリニックでの勤務を検討しているものの、一歩が踏み出せない方は、まずはコーディネーターに気軽に相談してみてはいかがでしょうか。