夜勤アルバイトの面接では何を聞かれる?【ダブルワークで勤務するケース】

面接を受ける女性

ダブルワークで夜勤バイトを始めたいと考えている方にとって「面接では何を聞かれるんだろう?」と不安に感じている方もいるでしょう。そこで今回は、看護師さんの夜勤バイトの面接で多い質問とその質問意図、回答時のポイントについて紹介します。

これからダブルワークで夜勤バイトを始める方は、ここで紹介するポイントをおさえて面接に臨みましょう。


志望動機について

「なぜアルバイト先としてこの病院を選んだのか」は、面接時に必ず聞かれる質問の一つです。この質問で病院側は、病院・仕事への理解度と働く意欲について確認しています。「自分が勤務をする病院に対するリサーチがしっかりできているか」も併せてチェックしていると言えるでしょう。

もし、コーディネーターから紹介された求人である場合でも、しっかりと自分の口で志望動機を答えられるように準備をしておきましょう。自分の今までの看護経験をどのように活かせるのか、初めての業務でも積極的に取り組む姿勢があることを示すことも大切です。

【面接の想定質問1】

・志望動機を聞かせてください。
・他の病院ではなく当院を選ぶ理由は何ですか?
・今回の求人でどのような部分に興味を持ちましたか?
・病院のホームページはご覧になりましたか?どのような印象、イメージを持ちましたか?

【ポイント1】

・まずはしっかりと勤務先となる病院への理解を深めることが大切。
・「他ではなく、この病院を選んだ理由」を明確にしておく。
・自分のこれまでの経験やスキルを、新しい環境でどのように活かせるのかを整理しておく。

スキル、経験について

アルバイトで採用される場合でも、”即戦力”が求められるケースも少なくありません。そのため、病院側は今までの経験やスキルについての質問を通して、「すぐに現場で活躍できる人材かどうか」を確認したい気持ちがあります。

現在の勤務先の病院の病床数・看護技術・夜勤回数・夜勤体制など、具体的な内容が聞かれる可能性があるため、面接前に整理しておき、すぐに答えられるようにしておきましょう。また、自分のこれまでの経験やスキルを棚卸して、得意分野を明確にしておくことも大切です。

【面接の想定質問2】

・これまでの看護経験をどのように活かせますか?
・患者さんと関わるときに大切にしていることはありますか?
・看護師として目指す姿について教えてください。

【ポイント2】

・今まで身につけたスキルについて、具体的な数字で答えられるよう事前に準備しておく。
・現在の就業状況をしっかりと伝え、これまでの経験から活かせる部分を明確にしておく。
・自分の”看護観”を整理しておく。

Wワークについて

ダブルワークを悩む女性

看護師としてダブルワークをする場合、「働く目的」について聞かれることが想定されます。望ましい回答は求人により異なるため一概には言えませんが、「スキルアップ」などの前向きな理由を挙げるのが望ましいでしょう。また、どれくらいの期間働きたいと考えているか(短期、中長期など)を面接時に伝えておくことも大切です。

ダブルワークをするためには、多くのケースで常勤の病院での許可を得ているかを確認されることもあります。また、具体的に夜勤のアルバイトを増やして負担になり、すぐに辞めてしまわないかを確認するために、現在の勤務状況や夜勤の入り方について質問されることもあるでしょう。

その他、慣らし日勤の可否を確認するため「夜勤前に日勤をやって頂きますが、可能ですか?」といった質問や、採用から入職までのスピード感と意欲を確認する「いつから勤務が可能ですか?」などの質問も想定されます。勤務開始のスケジュールや段取りを整理しておくといいかもしれません。

【面接の想定質問3】

・なぜダブルワークをしようと考えたのですか?
・どれくらいの期間働けますか?
・常勤の病院は副業可ですか?許可は得られますか?
・シフトはいつ提出できますか?
・なぜ月に○回の夜勤回数が可能なのですか?(その根拠)

【ポイント3】

・無理をして体調を崩さないためにも、自分の希望を正直に伝えることも大切。
・ダブルワークでどちらの病院にも迷惑をかけないために配慮を意識する。

夜勤バイトでどのようなことを聞かれるのかもっと詳しく知りたい方、面接での受け答えに不安がある方は、看護師専門のコーディネーターを通して求人に応募するのもおすすめです。自分で求人を探すよりも、病院が求めている人材や就業後のイメージを掴みやすくなるはずです。無料で利用できるため、積極的に活用してみましょう。