夜勤アルバイトの面接では何を聞かれる? 【退職、ブランク後に夜勤バイトを始めるケース】

勉強する女性

一度は病院の現場から離れたものの、さまざまな理由から夜勤アルバイトを始めようと考える看護師さんも少なくありません。しかし、ブランクがある場合には、面接に対して不安を抱く方もいるでしょう。

そこで今回は、看護師さんの夜勤バイトの面接で多い質問とその質問意図について紹介します。今勤務している病院を退職して夜勤バイトを始める方、以前病院で勤務をしていてブランクがある方は、ぜひ参考にしてください。


退職、ブランクの理由について

まず、病院が面接時に知りたい項目の一つが、以前勤務していた病院を退職した理由です。中には「人間関係が良くなかった」「職場環境が悪かった」など、批判的な内容を挙げる方もいますが、面接においてネガティブな内容は好ましくありません。もし、これから新たな病院で勤務をすることになったとしても「自分が不利な状況に置かれると、すぐに退職してしまうのでは?」という印象を与えてしまうからです。
面接で嘘をつくのはNGですが、ネガティブな内容を前向きに捉え直し、新たな職場への意欲を示すことが大切です。

もし、ブランクがあり不安に感じている部分があれば、正直にそれを伝え、積極的に学ぶ姿勢を示しておくと良いでしょう。

【面接の想定質問1】

・なぜ以前の病院を退職されたのですか?
・これまで経験されてきた病院の退職理由をそれぞれ教えてください。
・退職後のブランクの理由を教えてください。

【ポイント1】

・前職での待遇や人間関係に不満があったなど、直接的にネガティブな表現は避ける。(新しい勤務先も悪く言われることを危惧するため)
・退職理由をこれからの職場で実現したいことと関連させ、積極性を示す。

志望動機や病院への理解度について

これはダブルワークで勤務する方も同じですが、「なぜこの病院を選んだのか」は、必ず面接で聞かれる質問の一つです。
この質問には、どのようなモチベーションで仕事に向き合う人なのか、長く勤めてもらえる人なのかを確認する意図があります

併せて今までの看護師としての経験についても、具体的な内容を聞かれることも考えられます。同じ診療科、施設であれば「今までの看護経験をどのように活かせるのか」、未経験の現場なら「なぜ挑戦しようと思ったのか、今までの経験から活かせるスキルは何か」までをスムーズに答えられるようにしておくと良いでしょう。
また、過去の勤務先の床数・看護技術・夜勤回数・夜勤体制なども面接までに整理しておき、答えられるよう準備をしておきます

加えて、志望動機に関連して「どれくらい病院について理解しているか」も、病院側が確認しておきたい事項の一つです。
事前にホームページなどで病院の理念などを確認し、理解を深めておくのがおすすめです。

【面接の想定質問2】

・志望動機を教えてください。
・この病院についてどのようなイメージ、印象をお持ちですか?

【ポイント2】

・看護師として実現したいこと、目指している姿など、自分の向上心と志望動機を関連させて伝えることも大切。
・「この病院でなければ実現できないこと」を示せるとなお良い。
・病院の理念などを事前にチェックしておき理解を深める。

看護観について

面接に臨むスーツの女性

応募者の”価値観”や”看護観”を知るために、「自分の長所、短所」「特技や趣味」といった基本的な項目や、「なぜ看護師を志したのか」「患者さんと接する時に意識していること」などの質問も想定されます。回答では、「チームワークを大切にしていること」「責任感の強さ」「健康状態」などをアピールできると良いでしょう

【面接の想定質問3】

・ご自身の長所や短所について教えてください。
・プライベートで特技や趣味はありますか?
・なぜ看護師になろうと思ったのですか?
・今まで患者さんと接する時に意識してきたことは何ですか?
・仕事で印象に残っているエピソードを教えてください。

【ポイント3】

・プライベートをしっかり充実させている方が好まれるケースも少なくありません。休日の過ごし方など、プライベートについても回答できるよう準備しておきましょう。
・今までの勤務の中で、印象に残っていることや評価されたポイントを整理しておきましょう。

夜勤バイトでどのようなことを聞かれるのかもっと詳しく知りたい方、面接での受け答えに不安がある方は、看護師専門のコーディネーターを通して求人に応募するのもおすすめです。自分で求人を探すよりも、病院が求めている人材や就業後のイメージを掴みやすくなるはずです。無料で利用できるため、積極的に活用してみましょう。