施設の夜勤アルバイトの面接では何を聞かれる?【すでに施設で勤務している看護師さんのケース】

老人ホームで働く看護師

現在、施設で勤務している看護師さんの中には、「他の施設と掛け持ちをしたい」と考えている方もいるでしょう。「経験があるから大丈夫」と考えがちですが、しっかりと対策をしておかないと、面接で落とされてしまう可能性があります。

そこで今回は、施設勤務の看護師さんがダブルワークで施設に勤務する際の面接で、よく聞かれる質問と回答時のポイントを紹介します。経験者だからと油断せず、それぞれのポイントをしっかりとチェックしておきましょう。


施設の違いについて十分理解をしておく

すでに施設で勤務をしている看護師さんの場合、未経験の方に比べると施設に対する理解度は高いはずです。しかし、施設には有料老人ホーム・介護老人保健施設(老健)・特別養護老人ホーム(特養)・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などの種類があり、それぞれに特徴が異なります。
もし、アルバイト先の施設が現在と種類が異なる場合には、特徴や業務内容の違いについて、あらかじめ理解を深めておきましょう

【参考記事】
施設の夜勤アルバイトの面接では何を聞かれる?【病院で勤務している看護師さんのケース】

施設の夜勤バイトの面接でよく聞かれること(経験者)

スケジュールを管理する女性

ここからは、施設勤務経験者・ダブルワークの看護師さんが、施設の面接でよく聞かれる質問を紹介します。ダブルワークの方への質問事項も、以下の記事から併せてチェックしておきましょう。

【参考記事】
夜勤アルバイトの面接では何を聞かれる?【ダブルワークで勤務するケース】

【面接の想定質問について】

・志望動機をお聞かせください。
・自己PRをお願いします。
・ご自身の長所、短所は?
・当施設の理念や考え方について理解されていますか?
・施設についてどんなイメージを持っていますか?
・なぜダブルワークを始めようと考えたのですか?
・現在勤務している施設は何床あって、夜は何人体制で勤務されていますか?
・現在の常勤先の看護師としての役割は?
・現在お勤めの施設では医療行為はどれくらいありますか?
・1人での夜勤経験はありますか?
・1人体制で急変時の判断はできますか?
・認知症の方への看護経験はありますか?
・施設では利用者様にどんな看護を提供してきましたか?

【ポイントについて】

面接時には、夜勤体制の詳細や分業制の有無など、常勤先の業務内容・勤務形態について具体的に聞かれることを想定しておきましょう。「急変時に1人で適切な判断ができるか」「認知症の方への看護経験の有無」もよく聞かれる質問です。もし、バイト先の床数の方が多い場合には、急変時の対応にも違いが出てくるため、対応できるか確認されることもあります。

現在の業務内容とバイト先の施設での業務内容があまりにもかけ離れている場合、施設側に「ギャップを感じて辞めてしまうのでは?」との印象を抱かせてしまうかもしれません。現在の業務内容と違いがある場合には、この施設で働きたい理由を明確にしながら、今の仕事をどのように応用できるかをしっかりと伝えましょう。すべて「できる」と答えるだけでなく、時には異なる点を認めた上で、積極的に学ぶ姿勢があることを伝えることも大切です。

また、施設によっては「医療行為の有無」を採用時における一つの指標にしているケースもあります。現在や過去の業務内容を振り返り、経験した業務を整理しておきましょう。


どんなに面接の準備をしても、一人で考えていると不安を感じる方も少なくありません。そのような場合には、看護師専門のコーディネーターに相談してみるのもいいでしょう。
客観的な視点での面接対策ができるだけでなく、職場見学が可能なケースもあるため、不安を解消した上で面接に臨めるはずです。無料で利用できるので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

施設の求人をお探しの方はこちら