夜勤専従看護師の単発アルバイトで注意すべきポイント

夜勤専従看護師の単発アルバイトは、自分の都合や予定に合わせてその日だ勤務するという働き方なので、空いた時間を有効活用しようと考える看護師さんにとってはうってつけの仕事と言えます。

単発で働く場合には、慣れた職場以外での勤務に不安を感じる方もいるでしょう。環境が異なれば、扱う機器や業務が異なります。
単発アルバイトとはいえ看護師さんのお仕事は、人の命や健康に関わる重要な仕事でもあります。アルバイトを始めるのであれば、事前にいくつかのポイントをしっかりとおさえておくことが必要です。
今回は夜勤専従看護師の単発アルバイトの注意すべきポイントについてお話してきます。


【夜勤専従看護師の単発アルバイトは絶対出勤!スケジュール・体調管理をしよう!】

体調を崩していた場合や思わぬ事態が起きた時、一般的なアルバイトや慣れた環境であれば融通をきかせてもらえることもあるでしょう。しかし夜勤専従看護師の単発アルバイトでは一度出勤する事が決まった際にはできる限り勤務しなければなりません。
何故なら夜勤専従看護師の単発アルバイトを依頼する病院も人手不足による為に依頼があるのにも関わらず、出勤できないとなると仕事が円滑に進まないだけでなく、求人を紹介した企業にも信用が損なわれてしまうという事になりかねません。
夜勤の単発アルバイトを行う際には事前にシフトを把握しつつ、体調を見据えたシフトを組むようにしましょう。

【求人内容と業務内容を詳しくチェックしよう!】

アルバイトの求人を探す際には、「求める条件」や「業務内容」「勤務地」など詳細を必ず確認しておきましょう。アルバイトを募集している病院の中には、即戦力となる経験者を求めるケースもあります。自分が得意なこと・不得意なことを明確にしておくことも大切です。

また慣れない勤務地でのお仕事のため、事前にしっかり場所や最寄り駅、交通手段をチェックし当日遅刻することがないよう注意することも必要です。

看護師さんが自分に合ったアルバイトを始めたい場合や、アルバイトに関する不安がある場合には、専門のコーディネーターに相談するのも一つの方法です。
コーディネーターを通じてアルバイトを始める最大のメリットは、1日の業務の流れや必要な看護業務をコーディネーターと確認することができる点です。また、コーディネーターは病院の雰囲気・環境についても詳しく理解しているため、不安を解消してから働き始めることができます。
もし、これからアルバイトを始めたいと考える看護師さんの中で、今回紹介した点以外にも不安がある場合には、コーディネーターの存在を活用してみるのもいいでしょう。親身になってアドバイスをしてくれるはずです。


→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら