夜勤常勤・夜勤専従看護師の法律は?詳しくなって応募しよう!

夜勤常勤看護師は勤務時間の兼ね合い上、月間9~10回まで出勤できます。これは夜勤専従看護師も同様です。
1つの病院で1ヵ月に144時間と休憩時間を含め、夜勤常勤・夜勤専従看護師は働ける時間に制限があります。
但し、勤務開始前と勤務終了後に30分間程度の実労働時間を加えることは問題ないとされているため、夜勤常勤・夜勤専従看護師の方は勘違いされてしまう事もあるようです。

今回は頭を悩ませる、夜勤で働く際の法律面について触れていきたいと思います。


【夜勤常勤・夜勤専従のこれだけは押さえて!働き方のルールとは?】

すこし難しいお話になりますが、夜勤常勤・夜勤専従は144時間しか1つの病院で働けません。
良く勘違いされるのが、「休憩があるから9~10回働けるのでは?」と思われがちですが、「労働基準法」という法律があります。よく「労基法」と訳されて言われることが多い法律ですが、噛み砕いていえば一般的に働く方々に対して雇用主がしてはならない法律が定められている法律です。
実は夜勤常勤・夜勤専従看護師の働き方はこの法律から少し外れています。

夜勤常勤・夜勤専従の働き方は病院よって14~16時間程度と長時間勤務しなければなりませんが、一般的には8時間勤務が原則となります。
しかし夜勤常勤・夜勤専従看護師は「月間・年間を通して働いても良い」という承認を得て働ける仕事になります。
簡単にお話すると「働く時間というのは、休憩時間も含めて14~16時間程度」となり、144時間÷14~16時間=9~10回まで働けるという事です。
ですので、夜勤常勤・夜勤専従は一ヵ月に勤務できる日数が9~10回までという事になります。
夜勤常勤・夜勤専従看護師をされている、若しくはこれから始める方にとって働ける限度があるという事を覚えていただければと思います。

【求人の検索の仕方って?夜勤常勤看護師の求人の探し方とは?】

夜勤常勤看護師のお仕事の探し方はどうされていますか?
弊社でも夜勤専従は勿論、夜勤常勤看護師の求人も扱っております。夜勤常勤看護師の求人について「ナイトナース」での検索方法について今回触れていきたいと思います。
弊社ナイトナースの「求人検索」ページはご存知でしょうか?簡単に求人の絞り込み検索をすることができます。

希望条件「夜勤常勤」にチェックを入れて、検索ボタンをクリックいただくと夜勤常勤の求人を簡単に検索いただくことができます。
夜勤常勤の求人一覧


今回は難しく、頭を悩ませがちな法律について少しふれましたがいかがでしたか?
夜勤常勤・夜勤専従看護師は自分自身で様々な事柄を行わなければならないため、知らなければならない事や学ぶべきことある事をご理解いただければ幸いです。
また弊社求人サイトについて少しお話しましたが、夜勤常勤・夜勤専従看護師の方で求人をお探しの方は是非ご活用ください。皆様のご応募お待ちしております。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら