夜勤専従常勤で働く?夜勤専従非常勤で働く?二つの違いって?

 夜勤専従常勤と夜勤専従非常勤という言葉はとても似通っていますが、看護師としての働き方や福利厚生など異なることが多いようです。
働く場所と時間帯は一緒でも、夜勤専従常勤と夜勤専従非常勤では待遇面が変わってくる事もありますので、求人票の確認をした方が良いかもしれません。
今回は夜勤専従常勤・夜勤専従非常勤の二つの働き方や求人についてお話させていただこうと思います。


働くなら夜勤専従常勤?夜勤専従非常勤?2つの違いって何?

夜勤専従常勤は一つの病院で常勤勤務する事を指します。

1ヶ月の間で勤務できる回数はおおよそ9〜10回となっているため、勤務できる時間は夜勤専従非常勤看護師と変わりません。但し夜勤専従常勤は夜勤専従非常勤と異なる点がありますので、違いをみていきたいと思います。

 

1. 夜勤専従常勤は基本給、各種手当、賞与、夜勤回数に応じて手当が支給されるため、給与が高くなることが多いです。一方夜勤専従非常勤は働いた回数に応じて給与が支給されるため給与水準が低い場合があります。
2. 夜勤専従常勤はWワーク禁止ですが、夜勤専従非常勤は雇用形態がパート・アルバイトになるためWワークの勤務が認められております。
3. 夜勤専従非常勤でも勤務時間によっては、各種保険に加入することが可能です。

 

「夜勤専従常勤」「夜勤専従非常勤」の2つは、名前は似ていますが働き方や雇用形態、手当と様々な点で異なることが多いようです。
どのように働きたいかを具体的に考えながらお仕事を探してみるのも良いかも知れません。但し夜勤専従常勤看護師の求人は数が少ないのでキャリアアドバイザーに相談して、どの様に働くかを考えつつ希望のお仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら

夜勤専従非常勤を掛け持ちで働いてみてはいかが?

夜勤常勤で勤務される場合、お仕事先によっては委員会活動や看護研究などの役回りを任されることがあるため、日中に病院へ行く機会も増えてしまいます。

 

夜勤のお仕事だけを希望される看護師さんは夜勤の非常勤勤務を掛け持ちし、自分自身のワークスタイルでの働き方を組み立てている方も多くいらっしゃいます。
夜勤常勤看護師の求人は数が非常に少ないです。また、具体的な夜勤常勤求人が見つかっても臨床経験により年収差が出ることも多々あります。

 

このような情報を詳しく知りたい・転職相談にのってもらいたいとお考えの看護師の方におすすめなのがキャリアアドバイザーに相談することです。キャリアアドバイザーを活用して転職活動に相談する事で仕事を探す際の有益な情報を提供してもらうことが可能です。
また求人数が少ない夜勤専従のお仕事情報を持っていることも多いため「夜勤専従非常勤としてWワークで働きたい!」という相談に乗ってももらえる事でしょう。

 

今回は夜勤専従常勤と夜勤専従非常勤の違いについてふれました。
弊社では無料でキャリアアドバイザーを利用する事が可能です。是非お気軽にご相談下さい。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら