看護師さんが回復期リハビリ病棟で働く魅力、やりがいは?

介護をする看護師
 回復期リハビリテーション病棟でも、夜勤看護師の求人が出ているケースがあります。中には、「リハビリがメインの病棟で、看護師にどんな役割があるの?」と疑問に感じる方もいるでしょう。そこで今回は、回復期リハビリテーション病棟での看護師さんの働き方や、その魅力についてご紹介します。

介護をする看護師【回復期リハビリ病棟はどんな病棟?一般病棟と比べた違い】

回復期リハビリテーション病棟は、術後から数週間~6ヶ月の回復期の患者様を対象に、在宅・職場復帰を目的にリハビリを行うための病棟です。

入院期間は、最大で180日です。ADLの向上、つまり日常生活への復帰が目的のため、入院生活そのものがリハビリになります。

看護師は介助業務に加え、作業・理学療法士らと連携しリハビリのサポートをします。

【どんな状態の患者様が多い?実際の業務の流れと必要なスキルは?】

脳神経系の場合、くも膜下出血、脳腫瘍、脊髄損傷などの術後の患者さんが多いようです。
また、整形外科系では骨折の術後の患者さんや、骨萎縮など高齢による廃用症候群を抱えた方もいます。

急性期治療を終えた患者様が多くいるため、急性期病棟での経験があれば、それを十分に活かせる職場といえるでしょう。

夜勤看護師さんが、回復期病棟で働く具体的な業務内容を、一日の仕事の流れを追って見てみましょう。

●申し送り・カンファレンス

●オムツ交換・トイレ誘導・体位交換。薬セット・確認

●全患者様検温・処置

●経管準備・開始

●血糖測定

●夕食の観察および介助・与薬

●オムツ交換・体位交換・トイレ誘導

●記録・臨検

●経管準備・トイレ誘導・オムツ交換・体位交換・業務終了

トイレ誘導やバイタル管理、見守りなどが主な業務となり、医療行為はほとんどありません。
夜間に急変が起こることは稀で、比較的ゆったり働けるのが特徴です。しかし、転倒リスクがある方のトイレ誘導が多くなるため、患者さんが転倒しないよう注意を払い必要があります。

【リハ病棟ならではのやりがいは?】

入院生活に密着したケアを通し、患者さんと深い信頼関係を築くことができます。

リハビリの成果は急には見えにくく、もどかしさを感じる患者さんや家族も少なくありません。そのため、日々経過観察する看護師の立場から、患者様や家族とうまくコミュニケーションをとり、前向きな気持ちさせることも大切な役割です。

医師のほか作業療法士、理学療法士などの専門職を含むチームでリハビリを行う上で、患者さんに身近な看護師は中心的役割を担います。スタッフ間の架け橋となるべく、日々多職種と意見を交わしていると、冷静な判断力や俯瞰的な視点が養われます。

【求人応募の際はここをチェック!】

回復期リハビリ病棟での勤務は、スタッフ同士の日々のコミュニケーションが大切です。職場の雰囲気やカンファレンスの頻度など、面接時に詳細を確認しておくとよいでしょう。

医療処置が少なく診療報酬が少なく、残業が少ないなどの理由から、給与面でやや低い傾向にあります。比較的ゆったり勤務できる点は魅力でもあるため、ワークライフバランスを考慮し、実際に勤務をするか決めるとよいでしょう。


回復期リハビリテーション病棟の病床数は、近年増加傾向にあります(※)。

ナイトナースにも求人が多く集まっているので、気になった方はぜひこの機会に、さまざまな求人をチェックしてみてください。

※一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会
「回復期リハビリテーション病棟の都道府県別データ」(平成28年3月1日資料)