看護師の年収、年代ごとの平均はどれくらい?男女差はある?

看護師の給与明細書

看護師として働いていると、「他の看護師はどれくらいお給料をもらっているのだろう?」と気になる方もいるでしょう。
看護師の年収は、雇用形態や病院の規模などのさまざまな要素により変動しますが、「自分の年代の平均額」を知っておくことはとても重要です。

そこで今回は、看護師(男女別)・准看護師(男女別)の年代ごとの平均年収データを紹介します。
まずは、看護師全体の年収、ご自身の年齢・性別の年収を確認し、どれくらいの差があるのかをチェックしてみましょう。

看護師(男女別)の平均年収

はじめに、看護師全体の平均と男女別の平均データを紹介します。

男女別看護師の平均年収
【正看護師(男女)の平均年収】
4,479,800円

【正看護師(男)の平均年収】
所定内給与額(月): 307,300円
所定内給与額(年):3,687,600円
年間賞与その他特別給与額:836,400円
合計:4,524,000円

【正看護師(女)の平均年収】
所定内給与額(月): 301,800円
所定内給与額(年):3,621,600円
年間賞与その他特別給与額:814.000円
合計:4,435,600円

賃金構造基本統計調査 / 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種」より計算

病院の規模・経験年数・年齢を考慮せずに、男女別の平均年収を計算すると男性の4,524,000円に対し女性は4,435,600円と、年収に88,400円の差があります
これは、男性が規模の大きな病院に勤める傾向があること、家族手当などが支給されている結果と見ることもできます。

看護師(男女別)の年齢別平均年収

では、さらに詳しく年齢別に見たデータも比較してみましょう。

看護師(男)の年代別平均年収
20~24歳:262,600円(月)×12+453,500円(賞与等)=3,604,700円
25~29歳:285,000円(月)×12+788,500円(賞与等)=4,208,500円
30~34歳:308,800円(月)×12+845,600円(賞与等)=4,551,200円
35~39歳:320,500円(月)×12+950,600円(賞与等)=4,796,600円
40~44歳:319,300円(月)×12+946,100円(賞与等)=4,777,700円
45~49歳:359,000円(月)×12+943,000円(賞与等)=5,251,000円
50~54歳:350,600円(月)×12+1,164,100円(賞与等)=5,371,300円
55~59歳:341,100円(月)×12+1,149,600円(賞与等)=5,242,800円
60~64歳:297,100円(月)×12+540,000円(賞与等)=4,105,200円
65~69歳:201,500円(月)×12+220,300円(賞与等)=2,638,300円
70歳~:150,600円(月)×12+ 233,900円(賞与等)=2,041,100円

賃金構造基本統計調査 / 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種」より計算

男性の場合、年齢が上がるとともに平均年収も上がっていき、55〜59歳には5,371,300円に達します。
60歳以降になると平均年収が25~29歳の4,208,500円を下回りますが、雇用形態の変化が影響を与えている可能性があるでしょう。

また、この平均値では35~39歳の4,796,600円と40~44歳の4,777,700円で、わずかな逆転現象(35~39歳が+18,900円)が起きていますが「賞与等」に含まれる残業時間や夜勤回数などの差よるものと推測できます。

では、次に女性の年代別の平均年収を見てみましょう。

看護師(女)の年代別平均年収
20~24歳:254,100円(月)×12+468,200円(賞与等)=3,517,400円
25~29歳:284,700円(月)×12+749,000円(賞与等)=4,165,400円
30~34歳;297,600円(月)×12+780,500円(賞与等)=4,351,700円
35~39歳:298,500円(月)×12+833,800円(賞与等)=4,415,800円
40~44歳:316,200円(月)×12+907,600円(賞与等)=4,702,000円
45~49歳:323,900円(月)×12+994,900円(賞与等)=4,881,700円
50~54歳:331,200円(月)×12+997,900円(賞与等)=4,972,300円
55~59歳:336,200円(月)×12+958,200円(賞与等)=4,992,600円
60~64歳:294,700円(月)×12+710,200円(賞与等)=4,246,600円
65~69歳:270,500円(月)×12+471,600円(賞与等)=3,717,600円
70歳~:275,800円(月)×12+511,000円(賞与等)=3,820,600円

賃金構造基本統計調査 / 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種」より計算

女性も男性同様に、55~59歳に4,992,600円と年収のピークを迎えます。同世代の男性と比べると、その差は年間で378,000円ほど。

たしかに、55歳までは男性に比べると全体的にやや低い水準であるものの、女性は60歳以降でも男性ほどの減少が見られない点が特徴的です。
特に65~69歳では、男性2,638,300円に対し女性3,717,600円と1,079,300円の差が開いているため、65歳以降に長く働くほど男性の生涯年収を上回る可能性が高まります。

アルバイトをすると看護師の年収はすぐに上げられる

耳打ちする男性と女性
今回は看護師さんの男女別、年代別の平均年収データを紹介しました。以下の記事でも紹介しましたが、一番確実に年収を上げる方法は、看護師としてのスキルを活かしたアルバイトをすることです。

お金の計算をする女性

看護師の平均年収はいくら?年収を上げるためにできる4つのこと

2020年5月13日

他の病院で掛け持ちのアルバイトをすることで、看護師としてのスキルアップにも期待できます。

資格取得や管理職への昇進など、メインの病院での将来的なベースアップを目指しながらも、開いた時間で賢くアルバイトを組み合わせれば、今すぐにでも年収アップが見込めます。

1日から勤務できるアルバイトなど、自分のライフスタイルに合ったものを見つけられれば、無理なくWワークを続けることができるでしょう。

ナイトナースに掲載している求人情報も、ぜひチェックしてみてください。