夜勤で働く看護師のアルバイト。働きやすいといわれる理由とは?

 看護師さんの働き方の一つとして、アルバイトで夜勤だけ勤務する夜勤専従という働き方も選択肢としてあります。

プライベートを充実させるためにアルバイト(非常勤)という働き方をする方や、人によっては通常の常勤勤務だけでなく、ダブルワークの一つとしてアルバイトをされる方も少なくはないと思います。夜勤だけだと辛くない?というイメージがあるかもしれないですが、実際に働いている人に聞いてみると違った認識があるようです。
夜勤専従として働くとなぜ働きやすいといわれるかをご紹介していきます。


【二交代制の影響を受けない。決まった時間の夜勤出勤なので調整が可能】

 通常、看護師の勤務として働いていると二交代制や病院によっては三交代制の勤務シフトが組まれているので、日によって朝に出勤したり、夕方に出勤したりと勤務時間が違うものです。

起きるのが得意な人、身体のリズムを調整ができる人などでしたら大きな負担にならないこともあると思いますが、人によってはこのバラバラなリズムで出勤するというのが苦手な方や、体力的に厳しいと感じる方もいらっしゃると思います。

しかし夜勤専従勤務の場合、夜勤のみの勤務なので基本的には同じ時間から勤務開始になるので、身体的な負担は少なく、この働き方があっているという方もいらっしゃるようです。
もちろん個人差は人によって感じ方も違いますが、実際に働いている人は、決められた時間に出勤するという部分は一つの夜勤のみで働くメリットなのかもしれませんね。

【通勤が楽になることも、遠方の人も働きやすい勤務地の考え方】

 もう一つのメリットとしてあげられるのが少し距離のある場所でも、出勤日数が少ないため勤務がしやすいこともあるかもしれません。
通常、夜勤シフトの場合、夜勤、明け、公休。
多くないパターンではありますが夜勤、明け、夜勤、明けと夜勤の翌日は明けのシフトになります。

出勤と退勤で考えると2日にわたっての勤務になるので、出勤回数が必然的に減り、自由な時間も持てるというのも強みであると感じる人も多いようです。
出勤回数が少ない部分では、少し遠方の勤務地でも働きやすく、毎日でないからこそ自分の条件にあった場所の範囲を広げて選択できるというのもメリットと感じる人が多いようです。


 「ナイトナース」では夜勤の求人に精通したコーディネーターが親切に対応いたします。
また夜勤の単発のアルバイトのお仕事も随時紹介させていただいております。
お気軽にお問合せくださいませ。

→ 看護師・准看護師・助産師の夜勤専従・夜勤アルバイト専門の求人サイト「ナイトナース」はこちら