秋冬への季節の変わり目に体調不良を引き起こすのはなぜ?看護師さんも覚えておきたいその原因と対処法

体調不良の女性

暑い夏が終わり、過ごしやすい季節になったものの「なぜか体調が優れない」という看護師さんも少なくないでしょう。秋冬へ向かうこの時期は、だるさやめまい、食欲不振、疲れやすい、寝つきが悪いなど、さまざまな体調不良を引き起こしやすい時期です。

そこで今回は、季節の変わり目の体調不良の原因とその対処法を紹介します。秋冬への季節の変わり目に体調を崩しやすい看護師さんは、ぜひ参考にしてください。

季節の変わり目に体調を崩しやすくなる原因は?

まずは、この時期に起こる体調不良の主な原因を見ていきましょう。

気温や気圧の変動

夏から秋に代わると急に気温が下がり涼しくなるため、体がその変化に追い付かず体調不良に陥りやすい傾向にあります。また、長雨や台風も多く気圧が乱れやすいため、頭痛やめまい、だるさなどの不調を感じる方もいます。

寒暖差による自律神経の乱れ

秋は、日中は薄着で過ごせるほど温かいこともありますが、夜になると羽織るものが必要なほど冷え込む日もあります。人間の体は気候の変化に合わせて交感神経と副交感神経を頻繁に切り替えているため、1日の中での寒暖差が激しいと自律神経のバランスを崩しやすくなります。その寒暖差に身体が対応できないことも、季節の変わり目に体調を崩しやすい原因の一つです。

日照時間の減少によるセロトニン不足

秋になると日照時間が減少し、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」が不足します。セロトニンは、日光を浴びることで分泌される“しあわせホルモン”とも言われており、精神の安定や安心感をもたらしたり、頭の回転を良くしたりと、脳を活発に働かせる物質です。セロトニンが不足すると、気分が落ち込みやすくなり些細なことに落ち込んだり、イライラしたり、夜スムーズに眠れないことがあります。

対処法は?

外で日光を浴びる女性
この時期特有の体調不良や疲れを引きずったまま冬へ突入すると、さらに体調を崩しやすくなり、感染症にかかる可能性も高まります。それでは、この季節の変わり目をどのように過ごせばいいのでしょうか。具体的な対処法を見てみましょう。

体を温めることを習慣化する

1℃体温が低下すると、免疫力は30%も低下すると言われています。免疫力が低下すると、体調不良を引き起こす一つの原因になることは言うまでもありません。薄着のままだったり、冷たい飲み物や食べ物ばかりを摂取したりすることを避け、温かい食べ物や飲み物を意識的に摂りましょう。病院での勤務中にもカーディガンを1枚羽織るなど、積極的に体を温めることを意識してください。

また、体を芯から温めるために、できるだけ毎日お風呂(浴槽)に入りましょう。お風呂の温度は39~40度に設定し、10分浸かることを心掛けてください。それにより、手足の先や内蔵までポカポカになり、冷え性の改善にも期待できます。炭酸ガス入り入浴剤を活用すれば、炭酸がお湯に溶け込み、末梢の血管を拡張して血行が良くなるため、さらに冷えやだるさを楽にしてくれるでしょう。

食事の内容を見直す

毎日摂取する食事に少し気を遣うだけでも、体の不調を軽減することができます。特にビタミンやミネラルを多く含んだ食材を食べることを意識して、十分な栄養を摂取しましょう

秋の食材でおすすめなのが、さつまいも。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウムなど、健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。さつまいもに含まれているビタミンCは熱に強いため、さまざまな調理方法に対応できるのもポイントです。

適度な運動を心掛ける

季節の変わり目に起こる気温や天候の変化に対応できる丈夫な体を作るため、日頃から適度な運動を生活に取り入れることも大切です。忙しい看護師さんは、通勤時や帰宅時に多めに歩くなど、生活の一部に有酸素運動を取り入れるのもおすすめ。外を歩くことで日光を浴びることもできるため、セロトニンの分泌にもつながります。セロトニンはリズミカルな運動によって活性化されるという特徴もあるため、好きな音楽を聴きながらウォーキングやランニングをするのも良いでしょう。

良質な睡眠をとる

良質な睡眠は、健康状態を取り戻すためにもっとも大切な要素です。睡眠中に体を冷やさないためにも、長袖長ズボンのパジャマに着替え、暖かい掛布団も用意しましょう。寝つきが悪いと感じる人は、好きな香りのアロマオイルを枕元に用意するのもおすすめです。好みの香り(特に質の良い睡眠をもたらすと言われる精油は、ラベンダー、ゆず、ベルガモット)は自律神経のバランスを整え、リラックス効果に期待できます。リラックスできる寝室環境を整え、質の良い睡眠を心がけましょう。