家計管理はどうしてる?忙しい看護師さんにおすすめの家計簿アプリ活用術

お金の管理に困る看護師

毎月きちんと貯蓄をするには、家計の収支を把握して無駄な出費を削るのが一番の近道です。
しかし、忙しい看護師さんにとって、日々の買い物を記録したり、それぞれの支出を合計して無駄を洗い出したりといった作業は一苦労でしょう。

家計簿つけの手間を省きたいときには、家計簿アプリを活用するのがおすすめ
スマートフォンにインストールして使用する家計簿アプリは、クレジットカードや通販サイトの購買履歴を自動で取得し、毎日の支出をしっかり把握できる便利なツールです。

そこで本記事では、働く看護師さんにおすすめの家計簿アプリについて、メリットや使い方を詳しく解説します。

面倒な家計管理はスマホアプリを活用しよう

家計簿アプリを操作する看護師

家計簿アプリは、iOS版・Android版ともにたくさんの種類がリリースされています。
ここでは、多くの家計簿アプリが搭載している機能をもとに、家計簿アプリのメリットと使い方をご紹介します。

家計簿アプリのメリットその1:家計のお金の流れを把握できる

ほとんどの家計簿アプリは、銀行口座やクレジットカード、電子マネーと連携し、収入と支出というお金の流れを自動で記録できます。
手書きやエクセルの家計簿とは異なり、自分で入力する手間が省ける点は家計簿アプリの大きな魅力です。また、自動取得に対応していない支出や現金での買い物も、多くのアプリがレシート撮影や手入力で記録できます。

これらの入出金や履歴をもとに、毎月の収支を知らせてくれるので、黒字・赤字といった家計状況を可視化できるのが、家計簿アプリのメリットの一つです

家計簿アプリのメリットその2:使いすぎの支出がすぐにわかる

家計簿アプリの多くは、一か月の結果を集計し、毎月の支出の中で使いすぎている費目がなにかがわかるようになっています。
携帯電話料金、習い事費用、生命保険料など負担が大きいと感じる支出があれば、節約の方法を探すきっかけにもなるでしょう。

また、あらかじめ月の予算を立てておき、予算に対する支出がどうだったかをチェックできる家計簿アプリもあります。
毎月の家計を振り返る習慣ができるため、夜勤明けや休日の無駄遣いを発見したい場合は月々のレポートや予算機能が充実しているアプリを選ぶとよいでしょう

家計簿アプリのメリットその3:資産の内訳を把握できる

家計簿アプリの中には、証券口座と連携できるものもあります。
保有している株式や投資信託の運用状況も一目でわかるため、iDeCo、NISA、つみたてNISAなどをしている場合は特に便利でしょう。

さらに、保有している資産を「貯金・現金」「保険」「年金」「投資商品」「不動産」のようにカテゴリ別に把握できるアプリも存在します
たとえば、現金資産の割合が高いと思ったら、預金の一部を投資に回すようにするなど、資産運用に関する意識をしやすくなる点も家計簿アプリのメリットと言えます。

家計簿アプリのメリットその4:資産と負債のバランスを把握できる

資産だけでなく、住宅ローンや教育ローンなどの負債を管理できる家計簿アプリもあります。
たとえば、持ち家があって住宅ローンを返済中の場合は、現在の住宅(不動産)と住宅ローン残高をともに家計簿アプリに記録しておくことで、資産と負債のバランスを把握できるようになります。

資産に余裕がある場合は繰り上げ返済を検討したり、現金が少ないと感じたら貯金を優先させたりと、家計の方針を決める際に役立てるのも家計簿アプリの賢い活用法です。

使い方次第で大幅な家計改善も可能。家計簿アプリの底力に注目しよう

夜勤バイトでダブルワークをしている看護師さんは、月々のお金の流れを把握して無駄な出費を削るだけで、家計を大きく改善させることができます。
家計簿アプリは無料のものから有料のものまで種類が多く、機能も様々です。今回ご紹介した家計簿アプリの活用法も参考に、ご自身の目的に合った家計簿アプリを見つけてください。